NPO法人アルバトロスヨットクラブ 我孫子市      <新連絡掲示板>

アルバトロスヨットクラブ掲示板

172161
NPO Albatross Yacht Club Abiko-City

係留方法の周知 - C2渋谷

2019/10/01 (Tue) 22:21:06

本日桟橋に行きましたらシカーラ3号のバウが桟橋に当たっていました。原因は艇の船尾側金具にもやいロープ2本の先端部分で固定した為、艇の係留が甘く風に吹かれて桟橋に当たってしまいました。
係留の際は、風や波で艇が前後左右動いても他の艇や桟橋に絶対に当たらない事を確認して係留して下さい(ただ縛っておくだけではダメ)

*シカーラの係留方法
 --先般の全員整備の日(予備整備)にシカーラ船尾側もやいロープを広い八の字となる様ロープ固定位置を変更しました、この為隣の艇のロープとクロスしている箇所もありますが問題ありません。

・船尾艇金具への係留ロープの結び位置がすぐわかる様、係留ロープに白いリボンを付けてあります。ロープの長さに関係なく白いリボンの位置までロープを金具に通しそこで固定してください
・出艇時、船尾もやいロープを金具から外したら、そのまま浮かべず左右2本を結んで浮かべておくこと(ロープが流れず帰着時すぐ取れる、隣の艇のロープと間違わない)この為左右のロープが結びやすい様にわざと長めに作ってあります、長くてジャマと思って絶対切って短くしない様にしてください。
・手賀沼は台風が近ずくと事前に水位を下げ、大雨で急に水位が上がります(5年ほど前の台風では水位が上がり桟橋が見えなくなりました)この為バウロープをパンパンに張っておくと水位の上下で艇が首つり状態となり艇が損傷します、今の台風時期はバウロープは艇の左右が他艇と当たらぬ事を確認し若干緩めに固定してください。


その他-----シングル艇側の桟橋のもやいロープへの白いリボンの標識取り付けはまだ未実施です、10月6日の全員整備の際に実施予定

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.